最短なんと30分!即日融資可能多数! アコムなどの大手から、中小企業まで幅広くキャッシングサービスをご紹介します。 本当に急いで融資を受けたいのであれば、ポイントは大手から申し込むのが一番。 何といっても、中小と比べて審査スピートが早いからです。 スピードを持って審査するのはキャッシング会社では重要。 その体制が整っているのは、大手消費者金融だからです。 過去に大手キャッシングでキャッシングが出来なかったという方も時間が空けば審査に通る可能性は十分にあるので、まずは大手から申し込みをおすすめします。

当サイト人気NO1!

アコム

サービス 融資スピード 金利 限度額
アコム 最短30分 3.0%〜18.0% 800万

即日融資・最短希望ならやっぱりアコム♪

  • 最短の30分審査!
  • 最大30日間の金利0円サービス
  • 大手の中では一番低い下限金利3.0%!
  • 電話以外での在籍確認も可能!
  • 土日祝日も審査OK!
  • 来店不要・ネットで完結

受付時間[ネット]24時間 [むじんくん(自動契約機)]8:00~22:00

やはり即日融資を受けるのなら大手の消費者金融が一番お勧めです。スピード在籍確認の融通性信頼度金利の面など全ての面で優れています
逆にいうと、中小企業は、特にスピード、金利の面で劣ってしまいます。アコムが下限利率3%に対し、中小企業は10%以上がほとんどで、この差はかなり大きいです。 大手は女性への配慮も徹底しているので、無担保で借りれる大手のキャッシングサービスを利用するのがやはり一番です。審査に通るか不安な人は、一度アコムの3秒診断を受けてみるといいですよ。その場で融資可能かどうかの目安が簡単に見れます。アコム3秒診断はこちらから

大手おすすめキャッシング

アイフル

サービス 融資スピード 金利 限度額
最短30分 4.5%〜18.0% 500万

「家族にバレたくない人」のためのサービスが多いアイフル

  • 急ぎの場合は、申し込み後に電話すると優先的に審査してくれる
  • 在籍確認は書類でもOK
  • 「配達時間えらべーる」はカードの郵送時間が選べるサービス

受付時間24時間

プロミス

サービス 融資スピード 金利 限度額
最短30分 4.5%~17.8% 500万

郵送物なしで契約できるWeb完結サービスが嬉しいプロミス!

  • 三井住友銀行の傘下のため、三井住友銀行では手数料無料
  • 24時間いつでも申し込み可能

受付時間24時間

モビット

サービス 融資スピード 金利 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 800万

郵送・電話なしの「Web完結」サービスが強力な魅力モビット!

  • 10秒でWebだけで完結する簡易審査ができる
  • 最短30分審査で早い

受付時間24時間

中小企業おすすめキャッシング

セントラル

サービス 融資スピード 金利 限度額
即日融資 4.8%〜18% 100万

創業41周の老舗店舗で安心

  • 電話で振込依頼可能
  • 女性でも利用出来ます

受付時間[平日]9:00~21:00 自動契約機[平日・土日祝日]9:00〜21:00 ATM
[平日・土日祝日]9:00〜24:00

※大手と比べると金利が高いです。金利が高いからと言って審査が甘いわけではないのでご注意ください。

アロー

サービス 融資スピード 金利 限度額
最短45分 15.00%~19.94% 200万
  • 担保・保証人原則不要(※必要な場合もございます)
  • 来店しなくても借金可能
  • 使途自由ローン

受付時間24時間

※大手と比べると金利が高いです。金利が高いからと言って審査が甘いわけではないのでご注意ください。

フタバ

サービス 融資スピード 金利 限度額
即日融資 14.959%~17.950 50万
  • 来店しなくても借入可能
  • 創業50年以上の老舗店

受付時間[平日]9:30~18:00 土・日・祝/定休

※大手と比べると金利が高いです。金利が高いからと言って審査が甘いわけではないのでご注意ください。

大手のキャッシングと中小企業のキャッシングはどっちがいいの?

大手キャッシングと中小キャッシングのイメージ

中小企業のキャッシングを探している人は、中小企業の方が審査が通りやすいと思っている人も少ないくないのではないでしょうか。実は、そんなことはないのです。中小企業だからと言って、現在ブラックリストに載っている人にお金を貸すというわけではないのです。中小企業のキャッシングでも、信用情報はしっかり確認されますし、総量規制の対象にもなります。

どうしても中小企業で借りる場合は大手に比べてデメリットが多いので、借りる場合はちゃんと理解する必要があります

中小企業でキャッシングするデメリット

  • 金利が高く、借り入れ可能額の設定が低い
  • 無利息サービスなどがない
  • 審査スピードが遅い
  • コンビニATMや全国の無人契約機などがない
  • 倒産の可能性もある

よく勘違いされやすいのが、倒産したら返済しなくてよくなると思っている人です。もちろんそんなことはありません。もし倒産した会社(A社)が、債権回収会社(B社)に売却されたとしたら、あなたの借金の回収権利が移ることになるので、新しく権利が移行した会社(B社)への返済義務が発生します。もちろん取り立ての方針も会社によって変わってくるので、とても良い状況とは言えません。

初めてお金を借りる人や、普通にお金を借りたい人は、あえて中小企業で借りるメリットはありません。信頼のある大手から申し込むのが安全です。審査が通る可能性を高くしたいのであれば、最初は5万とか10万で申請してみるのが良いかもしれませんね。信頼関係さえ築ければ、増額も可能になります。

よくある質問

申し込みから借り入れの流れを知りたい
申し込みから借り入れの一般的な流れは、
申し込み → 審査 → 契約書類の提出 → カード発行 → 入金
になります。
申し込みから借り入れまで、店頭ではなくインターネットだけで完結するサービスも多いです。 申し込みするキャッシング会社の申し込み方法を確認し、準備しましょう。
審査ってどんなことするの?
審査はまず、仮審査と本審査に分けられます。
【仮審査】
あなたが申し込みに記載した情報により、「他社での借り入れ」、「過去ブラックリストに入っていないか」、「年収は問題ないか」を審査します。他社での借り入れがあれば審査が落ちるというわけではなく、年収に対し、他社での借り入れ額が多すぎるかどうかで判断されます。
【本審査】
仮審査が通ると、キャッシング担当者から連絡がきます。本人確認と、借り入れ額について口頭で伝えられます。これで本審査完了です。
キャッシングで必要な書類を教えて欲しい
本人確認書類と収入証明書類(50万以上借りる人のみ)です。
【本人確認書類】
免許証、または、保険証、パスポート、住民基本台帳カードなど自分の身分が証明できるものです。
【収入証明書類】
下記のいずれかの書類が必要です。
  • ・源泉徴収票
  • ・給与支払明細書
  • ・確定申告書
  • ・住民税課税証明書
  • ・納税証明書
  • ・納税通知書
みんなどういう目的で借りてるの?
やはり、生活費で借りる人が多いようです。そのほか、アクセサリーや趣味趣向品などの娯楽品は次いで多いです。そのほかにも、子供と今しかできないという理由での旅行や、デートや、どうしても自分が払わなければいけない飲み会などに使われているようです。
女性で借りる人って少ないの?
現在、男女比は、6:4ぐらいです。半数近く女性が利用しています。最近は女性用キャッシングも増えたので、女性でも借りやすくなっています。プロミスのレディースキャッシングは、すべて女性オペレーターが対応してくれるので安心です。
>>レディースキャッシングについて